スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  格安物件    回文:会話 

住まい入れば、ロフト、冷凍庫付け、キッチン、ベンチ付き、結構トイレと風呂場、霊はいます。

すまいはいればろふとれいとうこつけきっちんべんちつきけつこうといれとふろばれいはいます

住まい

スポンサーサイト
EDIT[2008/10/31 03:50] カイブン回文:会話コメントする:0 

  experimental experience oldies#03    作品:簪(かんざし) 

kitoki2.jpg

「機と樹」
簪(かんざし) 2001年
950銀

ちょこんと乗ってる緑はコケです。その辺に生えてたやつです。
水はけも良いように作ってあります
ようするに、「植物を身につけよう」というコンセプトのジュエリーです。

とはいえ、まだ実際に使用されたことが無いのも事実。
誰か引き取ってくれませんかね。

写真のようにインテリアとして植木鉢に飾ってもかわいいんですよ。

  experimental experience oldies#02    作品:簪(かんざし) 

kanzasi5.jpg

「M161A1」
簪(かんざし) 2001年
950銀 いぶし仕上げ

完全にマシンガンですね。
がこれは重火器ではなくて、れっきとした髪飾りです。
付けると以外と違和感無く。
気に入ってる作品の一つ。

この作品を機に、作風がある一つのテーマに導かれていきます。
それが「武器」でした。そんな、運命的な作品でもあります。

  もう我慢できない    回文:料理 

理屈冴えたご飯しっとり。カツがコッテリ。どんぶり ぶん取り、徹子がっかり。突進、歯ごたえサックリ。

りくつさえたごはんしつとりかつがこつてりどんぶりぶんどりてつこがつかりとつしんはごたえさつくり

テラカツ

EDIT[2008/10/30 00:12] カイブン回文:料理コメントする:0 

  鶴のひとこえ    回文:イベント 

「6番かわいい」
五寸釘肩に、高木君すごい違和感暴露。


ろくばんかわいいごすんくぎかたにたかぎくんすごいいわかんばくろ

6番

  人間だもの    回文:その他 

蜜を摘み、みつを 罪。

みつをつみみつをつみ

みつを

  experimental experience oldies#01    作品:簪(かんざし) 

kannzasi1.jpg

「ヴァルディチェ」
簪(かんざし) 2001年
950銀 ステンレスねじ

髪飾りです。
かなり昔の作品ですが、かなり気に入ってます。

おかげさまでこの子は誰かの元へ貰われて行きました
あれから7年、幸せに暮らしてるのでしょうか。

  新記録樹立 「紀元前1万年」     

紀元前1万年 特別版紀元前1万年 特別版
(2008/09/10)
クリフ・カーティスカミーラ・ベル

商品詳細を見る

ローランド・エメリッヒ監督の、CGを駆使した豪快かつリアルなスペクタクル映像は、たった100分という時間の中で、いやおうなく我々を1万2000年前までタイムスリップさせてくれますが、できたら100分前に戻りたい、と思わせるような内容です。

北京原人」ではウパウパ言ってるだけでしたが、ン十万年の歳月が為せる業か、この映画の原始人は、原始時代という割には非常に文化的な生活ぶりで、英語も堪能でらっしゃる。

不思議な時代考証がまかり通るこの原始時代で大活躍する主人公の名は「デレー」

でれー、でれれー

さすがの原始人もネーミングセンスはイマイチのようで、なんとも締まりのない名前の彼が悪い部族に連れてかれた彼女を連れ戻しに旅に出るというお話。

村のババ様の予言に導かれるように旅を続けるデレーに対して、ババ様の予言に導かれるように為す術も無く眠りにつく自分がいて、気付けば朝。おはよー

容赦なく襲いかかる古代の動物達と果敢に戦うデレーに対して、容赦なく襲いかかる睡魔に為す術も無く打ちのめされる自分がいて、気付けば朝。おはよー

道中、他の部族に認められ、心強い仲間と共に彼女の元へ向かう決意を固めたデレーの名演説に心打たれる間もなく睡魔に襲われて、気付けば昼。おはよー

人間にとって何よりも強敵なのは睡魔なんだと思い知らされながらも、4日目で遂にクライマックスへ。

ここからは大盛り上がりで、敵の本拠地は聖帝十字陵のようなピラミッドだし、星座の形の傷を持つ人物まで現れて、なぜいきなり「北斗の拳」オマージュが始まったのかは永遠の謎ですが、この際敵のボスが聖帝サウザーでも不思議じゃあないと思ってたんだけど、さすがに出て来なかった。

そんなこんなのなんだかんだで、一番すごいなと思ったのはババ様の予言で、ピタリと的中するもんだから、これはもしかしたら「セルフネタばらし」という新境地を開いた作品かもしれません。

というわけで、十年近く「自分史における一番つまらなかった映画」のポジションに居座っていたエメリッヒ監督の「スターゲイト」でしたが、ついに今夜、その玉座を追われる事となりました。

奇跡です。同監督自ら記録を塗り替えました。

EDIT[2008/10/28 00:03] エイガコメントする:3 

  予定調和    回文:マンガ 

絶対、立つぜ

ぜつたいたつぜ

クララ

  燃えない「燃えよ!ピンポン」    ☆☆ 

燃えよ!ピンポン燃えよ!ピンポン
(2008/08/06)
ダン・フォグラークリストファー・ウォーケン

商品詳細を見る


「燃えよ!ピンポンのテーマ」 作詞 俺

つまんないこともない
おもしろいわけでもない

久々に観た
微妙な映画です


マシ・オカが出てて
クリストファー・ウォーケンまで出てて

おれの好きそうな要素はしっかり詰まっているのに

いつまで観てても
ツボに入らない
MODOKASISAが
つのるばかり

クスリと笑うだけでは物足りない
ガハハと笑いたいこの思い

卓球映画なのに
卓球シーンが案外少ないのです


ノリも良さげで
「燃えよドラゴン」へのオマージュたっぷりで

おれの好きそうな要素はたっぷり詰まっているのに

最後まで観ても
気持ち良くない
MUNASISAが
つのるばかり

つまんないこともない
おもしろいわけでもない

マギー・QがTOKIOの松岡にみえた
不思議な映画です

EDIT[2008/10/26 22:06] エイガ☆☆コメントする:0 

  立派な最期    回文:人物 

竹と塩ときな粉とお酢とお肉のありかを書いたメモでもめたイカを狩り、あの国落とす男、泣き通し、溶けた。

たけとしおときなことおすとおにくのありかをかいためもでもめたいかをかりあのくにおとすおとこなきとおしとけた

イカおとこ

EDIT[2008/10/23 20:34] カイブン回文:人物コメントする:0 

  格差社会    回文:その他 

至難、今日も駄目だ、もう預金無し

しなんきようもだめだもうよきんなし

ガリ

  いってらっしゃい    回文:人物 

デマだな。和恵、鏡が買えずカナダまで

でまだなかずえかがみがかえずかなだまで

カナダ

EDIT[2008/10/23 20:30] カイブン回文:人物コメントする:0 

  本日のゲストはこの方    回文:人物 

惨劇後はご機嫌さ

さんげきごはごきげんさ

ジェイソン

EDIT[2008/10/22 23:55] カイブン回文:人物コメントする:0 

  アルコール成分が含まれています 「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」    殿堂入り 

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
(2004/02/25)
押井守田中敦子

商品詳細を見る


いまさらですけど押井守監督作品。

その美麗なサイバーパンクの世界観は、リドリー・スコットの「ブレードランナー」以来の衝撃。

その細部まで緻密に描かれた都市像は、決して主役ではないのだけども、まるで自分が主役であるように、その存在を誇示しています。

それを観るだけでも、この映画は「一見の価値あり」です。

それに対してストーリー。
押井作品は難解だ、哲学的だ、と世間では言われてますけど、確かにその通りなんですが

でも実際に押井作品を「難解」たらしめてる最大の要因は

「声が小さくて会話が良く聞こえないから」

だと思います。

登場人物の大半が、か細い声で小難しい専門用語を乱射する様はまるで外国の映画を観ているようです。

なので、この映画を観るにあたって一番お勧めなのは、英語音声、日本語字幕の「インターナショナルバージョン」。
これで細かい会話の様子も聞き漏らさずにストーリーを追いかけることができ

ると思いきや、これでおそらく8割程度のフォロー。

主人公の最後の台詞「ネットは広大だわ」に集約されるように、この物語のディテールは奥底深くに沈められたまま。
このモヤモヤはそのまま続編の「イノセンス」に引き継がれるのですが、またそれは別の機会に。

ただそれは決して監督の無力さや無責任さの表れではなく、「魂って何?」っていうテーマに対しての「俺にもわかんないよ」というごくありふれたメッセージなんだと思います。

目に見える美しくて恐ろしげな都市像の明瞭さ
目に見えない魂をめぐる物語の不明瞭さ

この二つの間で、フワフワと酔っぱらうような気持ちになる不思議な映画。

押井作品で純粋なエンターテインメントを求めるならば、「劇場版パトレイバー」の方が正解だと思いますが、一つの映像作品として、これほど美しい映画はなかなか無いと思います。

EDIT[2008/10/21 00:59] エイガ殿堂入りコメントする:2 

  まだまだ現役    回文:イベント 

滝で言うよ。
「はい出番、さあ、婆さん、バディは用意できた?」


たきでいうよはいでばんさあばあさんばでいはよういできた

滝

  行列のできるお店    回文:料理 

巫女に 海苔と鳥の煮込み

みこにのりととりのにこみ

巫女

EDIT[2008/10/21 00:52] カイブン回文:料理コメントする:0 

  不可解な行為    回文:料理 

酢豚知らずに、ずらしたブス

すぶたしらずにずらしたぶす

すぶた

EDIT[2008/10/21 00:50] カイブン回文:料理コメントする:0 

  基本中の基本 「ショーシャンクの空に」    殿堂入り 

ショーシャンクの空にショーシャンクの空に
(2004/03/25)
ティム・ロビンスモーガン・フリーマン

商品詳細を見る

これもBOOK OFFで購入。

この映画も、もう10年来のおつきあいです

何回観ても凄いですね。作り手の誠意が伝わるような、映画のお手本みたいな作品です。
少なくともこれを「嫌い」という人は居ないんじゃないでしょうか。

おおよそ20年以上にわたる大河ドラマを、よくぞ綺麗に圧縮したもんだ、と感心します。

これを観た後に、ダラボン監督の最新作「ミスト」の事を考えると胸がキュッと締め付けられる思いです。
監督に何があったんでしょうか。

文句ではないんですけど、ひとつ気になる点があって、

それは「総じて刑務所が楽しそうに思える」所です。まあ嫌なシーンもあるんですが、飯つき、仕事付きですからね。

実際の刑務所ってきっともっと嫌な事だらけでしょう?
映画ならではのウソって感じです。
この映画はあくまでもファンタジー。

告発」と比較しながら観るとまた違った味わいです

話は変わりますが
山崎努の「刑務所の中」を「ショーシャンク」のチャプター間に挟んで上映したら、世にも楽しい刑務所ムービーが出来上がりそうです。一度やってみたい。

EDIT[2008/10/18 18:01] エイガ殿堂入りコメントする:4 

  青春の1ページ    回文:イベント 

にわかに合コン写真、交互に河に。

にわかにごうこんしやしんこうごにかわに


水切り

  ギブ・アンド・テイク    回文:会話 

「あ、タツヤ、手伝うと砂糖だって」
「やったぁ」


あたつやてつだうとさとうだつてやつたあ

ari4i.jpg

EDIT[2008/10/16 02:00] カイブン回文:会話コメントする:0 

  自分勝手博覧会 「ジュラシック・パーク」    ☆☆☆ 

ジュラシック・パークジュラシック・パーク
(2006/04/19)
リチャード・アッテンボローサム・ニール

商品詳細を見る


BOOK OFFで750円で売っていたので、久々に観ました。

当時は中学生くらいだったので、細かい事は考えず、この映画のおいしいところを随まで楽しんだ記憶しか無いのですが、大人になって観てみると、すごい映画だなと思いました。

邦題は「ザ・自分勝手博覧会」で決まりです。

一連のアクシデントのほとんどが、彼らの自分勝手で軽率な行動が原因となっています。

車から飛び出すわ、ライト付けちゃうわ、恐竜観たとたん叫ぶわ、ドアも閉めずに逃げ出すわ、暴風雨が迫ってるのにツアー開始しちゃうわ、もう挙げたらキリがないですよ

これだけ専門家が揃っているのに、機転の利いた事一つもせず、誰も聞く耳持たないのに、何かあるたびに、明日使える無駄知識みたいな発言をポロリ。

一見するといわゆるモンスターパニック映画なんでしょうが、とてもじゃないけど一番のパニック源は人間達だという事実。

観ててイライラする位、大人も子供も直情的で、「相談」のひとつもない行動の数々に開いた口が塞がらない、久々に困った映画でした。

ハプニングのほとんどを運だけで切り抜けるこの映画は「宇宙戦争」にも勝るとも劣らない、スピルバーグ一世一代の超駄作だと、初めて思い知らされました。


ただ、断言しますけど、こんな風に斜めから見下ろさなければ、素晴らしい映画です。
「アビス」「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」「マトリックス」「インビジブル」と、
映画VFX革命の一端を間違いなく担っている、記念碑的作品である事には変わりはないわけです。

嫌いでもなければ、けなしたいわけでもない。
「今」観るとすごく腹が立つだけです。

この映画を駄作にしたのは、他でもないたった十数年後の自分。

観客が数々の名画を作り、観客が数々の駄作を作る。

そういう意味ではすごくニュートラルな映画ですね、
悪意は全く感じない。

EDIT[2008/10/16 01:15] エイガ☆☆☆コメントする:0 

  努力の賜物    回文:その他 

奴の経歴「キレイ、毛のツヤ」

やつのけいれききれいけのつや


毛ツヤ

  M    回文:その他 

タイヤ ぶつと痛がり、
「ありがたい」
と、つぶやいた。


たいやぶつといたがりありがたいとつぶやいた


タイヤ

  世間は冷たい    回文:会話 

手伝って。

てつだつて


荷物

EDIT[2008/10/13 04:45] カイブン回文:会話コメントする:0 
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。