スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  プレデター    ☆☆☆☆☆ 

プレデタープレデター
(2008/05/02)
アーノルド・シュワルツェネッガー

商品詳細を見る

この間日曜洋画劇場でやってました。
借りてた「魔法にかけられて」をとっとと観りゃあ良いのに、なんかこの映画に釘付けでした。

もう何度も観たのに、結局最後までお付き合い。

細かい中身はかなり忘れていたので、とても楽しんだ。

それにしても、じわじわと詰め寄るプレデターに対して、銃を捨てておもむろに脱ぎだすビリーは名脇役。


以前何かで取り上げましたけど、こういうパニックもののラストって、「核で範囲爆撃!ボカーン!」ってパターン多いですよね。

これを勝手に「ラストボカン映画」とジャンル分けしてるんですけど、実際近作の「エイリアンvsプレデタ-2」もそうだったし、「クローバーフィールド」も「バタリアン」もそう。「バイオハザード2」も確かそう。

安易に使うとこれほどゲンナリする要素も他に無いんですが、この映画の場合、それを使うのがプレデターの方というのが素晴らしい。

しかもプレデターをそこまで追い込んだのは、

1本の丸太。

そんなこんなで虫の息のプレデターが、「お前も道連れだ、ポチっとナ」と言わんばかりにラストボカン。
おそらく直径1kmはあるであろう広範囲爆撃に対して、全速力で駆け抜けるシュワちゃん。
それはたった数秒の出来事。

そして助かるシュワちゃん。
間違いなく500m走世界新記録。(しかも密林で)

いやぁー楽しいなー映画って。

しかも次回予告「プレデタ-2」!

テレビ朝日に何があったかは知りませんが、

とにもかくにも、

プレデター祭、始まりました。


スポンサーサイト
EDIT[2008/11/28 01:07] エイガ☆☆☆☆☆コメントする:0 

  魔法にかけられて    ☆☆☆☆ 

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション
(2008/07/18)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る

起承転結ならぬ「起転、承転結」ですか。
「王子様お姫様話」から一転、「ただの横恋慕話」に一旦ひっくり返しておいて、最後はまるごとひっくり返して元に戻す。

いわゆるシンデレラストーリーも横恋慕のストーリーも、普通に観てたらどっちも退屈だと思うんですよ。
だからこそ、恋人役を幽霊にしちゃおうとか、最終兵器にしちゃおうとか、白血病にしちゃおうとかさ、とりあえず設定から凝りだすのは映画の常套手段でしょう?
これはこれで特殊な設定ではあるけれども、ディズニー側から観れば、いつもの当たり前の設定で、その辺を物語のトリックに使ったのは大正解。

常識や価値観が完全にズレた登場人物のやり取りは非常に良くできていて、強いて言うなら「クロコダイル・ダンディー」(名作)に似ている。

ヒロインへの動物の集まりっぷりはブッダも真っ青で、その辺が笑いを誘います。


んで、ここからが重要なんですけども、

この映画のあまりにあっけらかんとした結末に「アリエナーイ」と一言もの申したい恋愛映画のスペシャリストはたくさん居らっしゃるんでしょうけども、そこでこの映画の背景が俄然輝きだすんです。

そう、「ディズニー映画」だという事実。

「皆さん、これを恋愛映画だと思って観ているんでしょう、違いますよ、ディズニーですよ、ファンタジーなんですよ」って、頭のどこかで聞こえてくるんです。

これが非常に素晴らしい。
勝手に持っていた先入観をバッサリ。
手品みたいでハッとしました。

「魔法をかけられた」のはこっちみたいです。


EDIT[2008/11/28 01:06] エイガ☆☆☆☆コメントする:3 

  SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ     ☆☆ 

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディションSUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
(2008/02/06)
桃井かおり伊勢谷友介

商品詳細を見る

邦画ひさびさの問題作。(35歳/ライター)

ナニシテンノ、タランティーノ。(28歳/英会話講師)

日本人しか楽しめない外国語映画。(21歳/大学生)

こんなの初めて。(24歳/OL)

一見バカみたいで、本当にバカな映画。(18歳/学生)

うらやましいほど超マイペース。(30歳/無職)

保安官から目をそらせない。(43歳/俳優)

この無責任さが逆にうらやましい。(37歳/会社役員)

お前がジャンゴかよ!(14歳/中学生)


あくまでも想像ですが。
こんな感じの断片的なフレーズは思い浮かぶのですが、これという文章が出てきません。

是非皆さんも観て下さい。
いや、観なくてもいいか、好きにして下さい。


三池監督はどうやら僕の知らない世界に行ってしまわれたようですが、お元気そうで何よりです。

☆は2ですけど、好きです。

生き様が。

EDIT[2008/11/27 02:03] エイガ☆☆コメントする:0 

  experimental experience oldies#07    作品:その他(非ジュエリー) 

yubi55a.jpg

「ウェディング・ソング」
燭台 2007.11.14
銅 蝶番 ステンレスねじ

これは割と最近のものですね、
従兄弟の結婚祝いに作ったインテリアです。

yubi55c.jpg
シェードが蝶番で開くので、蝋燭の取り出し作業は良好。

yubi55b.jpg
火を入れた状態。完全にブレました。意図せずハートの光がもれてビックリです。

構想30分、総制作時間5時間の力作(?)。
以外と簡単でビックリした作品です。
どこかで売り出そうかな…

  番外編 回文動画はじめました    回文:その他 

回文の動画を作ってみました。
とはいえ、静止画を並べただけなので、
このブログを観てくれている方には
あまり意味の無いものですが、いちおう記録として載せておきます。

強いて言うなら、結構お気に入りのregan perryの曲をお楽しみ下さい。
それではどうぞ。

回文 全部 以下 #01


回文 全部 以下 #02


また作る事もあるかもしれません。その時はよろしくどうぞ。

  インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国    ☆☆☆ 

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】
(2008/11/07)
ハリソン・フォードケイト・ブランシェット

商品詳細を見る


なんていうか奥行きの無い映画です


いわゆる「水晶ドクロ」の諸説に対して、真っ向勝負な脚本。

今の技術じゃ作成不可能です、教授!
イコール
じゃーこれは宇宙人が作ったんだ~!わ~

って都市伝説級のトンデモ話に食い付く映画監督いたんだ~、とむしろその純真さに感心してしまう。


さすがに老いたハリソンに替わって、アクション担当、「とっつぁん坊や」ことシャイアくんは、「ターザンごっこ」という不名誉なアクションで度肝を抜いた。

と、活字にするとなんだか幼稚な内容です


でもね、観終わったあと、すぐにまともな感想が出なかった。楽しかったから。

スピルバーグの何がすごいかって、映画という名の密室に2時間ばかり客を閉じ込めるのがとにかく上手い。
というか、むしろ閉じ込めらているという感覚は観ている最中は皆無で、なかなか居心地の良い空間。
それは、「ジュラシック~」にしろ「宇宙戦争」にしろ、どんなに内容が薄っぺらい映画でも。

つまるところ、
彼の映画のほとんどって、「大人を子供に戻す装置」ということなんでしょう。

今時の娯楽映画って(娯楽なのに)ことあるごとにテロだなんだと、深刻な話題をそれとなく盛り込んだりするのが増えていて、そういうのってあんまり好みではないんだけど、この映画ってもう、そんなの関係ねいよ!みたいな勢いがあって、

アメリカジン、イイヒトー
ロシアジン、ワルイヤツ~

みたいな、逆にそんなにあっけらかんとした設定で大丈夫ですか、と心配になるくらいシンプルな敵味方の構図。
わ か り や す い!
さすが娯楽映画番長!

…とか思ってると、時々この人社会派っぽいタッチで映画とるでしょ、そこが不気味。

作家としての本性が不透明すぎるんです。
それがちょっぴり怖い。

この映画を冷静に批評できる人って、しっかり自立できている大人の人なんだと思います。

そういう意味では僕はまだまだお子様のようです。
楽しかったもん。


EDIT[2008/11/18 01:14] エイガ☆☆☆コメントする:6 

  ジブリ発ストーキングアニメ 「耳をすませば」    ☆☆☆☆ 

耳をすませば耳をすませば
(2002/05/24)
本名陽子高橋一生

商品詳細を見る


数あるジブリ作品の中でも割と好きな作品の一つです


中学生の恋愛にときめくのもおかしな話ですが、いまさらストーリーがどうとかよりも、

話した事も無いのに雫の名前を既に調べてある聖司くんとか

雫に先回りして雫の読みそうな本を借りまくる聖司くんとか

早朝雫の家の前に押し掛けて心の中で雫の名前を念じ続ける聖司くんとか

そんな聖司君の数々のストーキング行為、もとい激しい恋心と、それに応じてしまう雫ちゃんの天然ぶり、もとい乙女心が、「これぞフィクションの醍醐味」とも言えるこの映画随一の特徴で、現実では絶対にありえない「映画内恋愛」のひとつのカタチを提示してくれています。

世の全ての男性のバイブルともいうべき聖司君のストーキング、じゃなかった恋愛テクニックを改めて皆様にも観て頂きたい、そう願っております。


数あるジブリ作品の中でも割と好きな作品の一つです

が、ちょっぴりホラーです

EDIT[2008/11/12 04:16] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 

  甘えん坊    回文:会話 

「酔いたい、で、このままママの子でいたいよ」

よいたいでこのままままのこでいたいよ


スナック

EDIT[2008/11/12 00:17] カイブン回文:会話コメントする:0 

  洞窟に潜む山海塾 「ディセント」    ☆☆☆☆ 

THE DESCENTTHE DESCENT
(2006/11/29)
シャウナ・マクドナルドナタリー・メンドーサ

商品詳細を見る

アニメ「オーバーマン キングゲイナー」
にハマってしまい、しばらく映画を観てませんでした。

で今日の明け方に観たのがこれ。

なんか仲良し女6人で洞窟探検に出かけたら、
なんか出られなくなって、
なんか人間関係危うくなってきて、
なんか何者かが襲って来て、
なんかてんやわんやな映画です

イギリス映画好きなんですよ。
何を撮るにも描写が丁寧で。

監督はニール・マーシャル。
「ドッグソルジャー」の人ですね、ノーチェックでした。
新人監督にあるまじき骨太な演出で、緊迫感を煽る、煽る。

内容は割とオーソドックスな感じですが、怖いのキライ!って人はもうのたうち回るような恐怖でしょう。
ホラーも慣れてくると、つい笑ってしまうようなシーンていくつもあるんですけど、今回はそれが無かった。
登場人物の空気を読まない暴走ぶりに腹を立てたほどで。
上映時間をそういう空気で満たすというのは中々難しい事なのではないのでしょうか。

なんとも引きの弱い冒頭から一転、あれよあれよと絶望の泥沼に引きずり込まれる感覚は久々。
これも流行りの「シチュエーション・スリラー」なんでしょうが、そういうジャンルでひとくくりにしてしまうのはとてももったいない作品。

表面的に用意されたラストよりも実はもっと怖い真実を想像させられる描写がいくつかあります。
そこに気付くかどうかはホント自分次第な感じですが、そういう深読みも含めて、非常に奥行きのある映画でした。

こういう監督、ハリウッドに招かれて2作目くらいで角が取れて丸くなったりするのが常なので、そこが心配です。
冷めないうちにどうぞ。


関連作品に、
「水曜スペシャル 藤岡弘、探検シリーズ第3弾 南米ギアナ高地 切り裂かれた大地の闇に謎の地底人クルピラは実在した!!」
がありますが、こちらは爆笑必至です。

こちらも是非ご鑑賞を。

EDIT[2008/11/07 00:50] エイガ☆☆☆☆コメントする:2 

  experimental experience oldies#06    作品:その他(ジュエリー) 

raita.jpg

「ライタ→」
チョーカー 2001年
950銀 アートクレイシルバー 金箔

学生当時、銀粘土でなんか作れといわれたので、普通の彫金のやり方ではできない事をしようと思い、これを制作。

粘土が柔らかいうちに、ライターの部品を押し当ててレリーフを作り焼成。
シンプルですが、印象的なデザイン。

相田化学工業さんからの支給品だったので、普段は単価が高くて使いづらい銀粘土を贅沢に使わせて頂きました。

  experimental experience oldies#05    作品:その他(ジュエリー) 

hiroyuki-akagawa-w.jpg

「武器よさらば」
個展 2003年
銀 銅 真鍮 ネジ プラモデル 基盤 他

大学の卒業制作です
作品そのものよりも、展示空間自体をプロデュースした形です。
照明、プレゼン、WEBサイト、すべて手作り。

遠くて判別不能ですが、ガンダム達が、武器を模したかんざしを手に携えてます。
こんな作品でしたので、一個一個の物作りを大切にされる教授陣からはおおむね不評でしたが、展示自体は満員御礼でした。

何が楽しかったって、展示の為に訳の分からない学生掲示板の張り紙を堂々と剥がせるのが快感でした。わっはっは

  この子、どこの子?    回文:イベント 

五万人、孫。

ごまんにんまご


孫

  experimental experience oldies#04    作品:簪(かんざし) 

nao-aka.jpg

「from summit with UN」
簪(かんざし)  2001年 
950銀 古布 ステンレスねじ

和飾り作家上田奈緒子さん(cofu)とのコラボレーション。
2001年の二人展の時に制作したものです。

板材で古布をサンドするという、斬新な(?)スタイルの構造です。
ネジのアクセントもあり、「古い物と新しい物の融合」というテーマは打ち出せましたが、構造上、強度に難ありの実験作品というのも事実。

いつの日か改良品でリベンジ希望です。

  異邦人    回文:その他 

自分、無事?

じぶんぶじ


yuuki.jpg

ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。