スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  空気人形    殿堂入り 

次は「トランスフォーマーリベンジ」ですなんて書いておいてあれですけども、
これを書かずにおれるかってな具合であっさり予定変更でございます。

待ちに待ったペ・ドゥナ最新作、

「空気人形」です。やっほ~!

pe1.jpg
「好きすぎて描いたペ・ドゥナ」

F6号 2009.09.28
画用紙にアクリルガッシュ

どうですかこの違和感。
いつもだったらジャケ写真とアマゾンへのリンクで済ますところですけども。

あんまりペ・ドゥナがかわいかったものですから、描きました。
あ~かわいいいや~かわいい

というわけでペ・ドゥナちゃんが可愛いというだけで既に殿堂入りなんですけども、
一応感想文です。

ダッチワイフが心を持ちゃった!というとんでもねぇお話。

R15指定なだけあって、エロい、エロいよペ・ドゥナちゃん
森本千絵を起用したガーリーでポップな広告群とは裏腹に、なんだか内容はほとんどエロ映画。なんだか変人ばかり出てくる変態映画だねこりゃ

なんていう簡単な感想で済んじゃうような気もします。

んが

実際問題、鑑賞直後の感想って「ペ・ドゥナが出てなかったら☆2か3てところ」だったんですけどね、後からジワジワ効いてくるボディブローのような(なんて陳腐な喩えなんだ)映画で。

長たらしく書くのもどうかと思うのでざっくりと。

僕はペ・ドゥナが出てるだけでご飯何杯でもいけそうな感じだったんですが、それを差し引いても素晴らしい出来、今時の映画にしては珍しい位いい脱ぎっぷり、じゃなかった、ピュアで美しくて少し悲しいおとぎ話。

古くは「ピノキオ」であったり。
最近だと「攻殻機動隊」であったり。

心の在りどころだとか、人と人の関わり方だとか。
現代の社会病理に対する問題提起だったりとか。

空気人形を含めた幾人かの群像劇とも取れる構成で、一見関係のなさそうなシーンにもすごく意味があったりして、思い返せば思い返すほど奥が深い(ような)。

劇中扱われる「生命は」という詩もあらためて読んでみるとさらに納得。

哲学的なテーマを抱えてるにも関わらず、すごく上手に丁寧に、分かりやすいお話にまとまってたはずなんですけど、「ペ・ドゥナが出てなかったら☆2か3てところ」なーんてアホな感想を持ってしまった理由はただ一つ。


すいません是枝監督、ペ・ドゥナが可愛すぎて他のシーンに集中できませんでした。




スポンサーサイト
EDIT[2009/09/29 02:02] エイガ殿堂入りコメントする:2 

  ターミネータ-4    ☆☆☆ 

しばらくぶりに映画のことでも。
こまごまDVDも観てるのですが
しばらくは夏の劇場映画の思い出でも書きます。
鮮度が落ちないうちに。

まずはこれ。

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイルサム・ワーシントン

商品詳細を見る


はい鮮度落ちてますね。
もう2ヵ月前だ、観たの。

3でいきなりブ男になって全国のファンを唖然とさせたジョン・コナーでしたが今回はクリスチャン・ベイルの着ぐるみを着て登場です。

それにしても、この大人気SFアクションの最新作ですが、随分様変わりしたというか、すごく重厚でした。

それが良くない。

ターミネーターの良いところって
全裸のマッチョマンがバカみたいに女子大生を追っかけてきたりだとか
液体金属ポリスがあの手この手で少年を追いかけ回すとか
未来から来たからってそんなに何でもありフォルニアで良いのかよ
みたいなところだと思ってたんですけど。

この最新作、まともすぎる

人類VS機械まっただ中の荒廃した世界観を見事に構築してしまった事で、なんか失われた物が色々とあるんじゃないですか、マックG監督。

ターミネーターはこんなにリアルじゃダメなんだよ
古くさいハードロックとかがお似合いの超絶B級映画じゃないと駄目なんだよぉ

という個人的見解。

映画的には良く出来てると思うんですが、どうにもこれがターミネーターだとは思えないんですね、なんだか。

後半の州知事サプライズ出演(CG)はさすがにニヤっとしましたけど、それだけじゃファンサービスとしては物足りんのです。

とまあ短めに書いていきます、しばらくは。
次回は「トランスフォーマーリベンジ」。


EDIT[2009/09/25 01:08] エイガ☆☆☆コメントする:3 

  お絵描きばっかり    作品:イラストレーション 

Image5we83.jpg
「目の前のカレーに大喜びの女の子がふたり」

F4号 2009.09.14
木製パネルにアクリルガッシュ


少し前に描いたやつです
自分の作ったカレーをもりもり食べてくれる人がいるって
それだけで素晴らしいことだと思います

そんな気持ちがこの絵には
こもってるんだかこもってないんだか

まあそういう絵です

モデルはマサコチャンとクミチャンのご両人
どうもありがとう


  またお絵描き    作品:イラストレーション 

DSC03648.jpg
「赤子を運ぶコウノトリが、さながらB29爆撃機のよう」

F4号 2009.09.07
画用紙にアクリルガッシュ

背景がちょい気に入らないけど更新します
前日の呑みの疲れがたたってか風邪っぽかったけど
描いてたらなんだか落ち着きました


  experimental experience弐#20・#21    作品:その他(非ジュエリー) 

今日は2本立てです

DSC036ds37.jpg
「バンブスメッサーX」

バターナイフ 2009.09.03
竹材 純銀

久々にバターナイフ作り。
前回は切れ味を尊重したのですが全く意味が無い事に気づいたので、今回は使いやすさ重視で。

タイトル【独】bambus messer(=竹ナイフ)ですけども、1号、2号、V3と続いたら鋭い皆さんならもうお分かりの通り仮面ライダーが元ネタです。
なので今回は4代目のX(エックス)です。
てこたあ次はアマゾンそん次はストロンガーかぁ…
我ながら妙な命名ルールを設けてしまったなあ。

ところで
このナイフ、完成した数分後に売れました
最短記録じゃなかろうか。

DSC03644df.jpg
「パインキラー」

パイナップルを食べるとき用の楊枝 2009.09.03
竹材 ステンレスねじ

余った竹材でもう一つ。
誕生日プレゼントです。
ヒロヤくんはパイナップルが大好きなので、それをつっつく用の楊枝です。
ずいぶんニッチな道具ですよね、そんなもんを平気で作る自分が大好き



  experimental experience弐#19    作品:指環 

DSCse03639.jpg
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」

指環 2009.09.02
950銀 ステンレスねじ

西荻アトリエでの制作、二つ目です。

大学1年の頃なんかはまだ彫金とか全然習ってなかったので、ただの針金をくるくると巻いて、ネジかなんかをあしらって300円とかで売る、なんてことをしてたわけですが、結構評判よくって、それで味をしめたというか、それが無かったらジュエリーのことなんか勉強しなかっただろうな~なんて思うわけです。

まあ初心に戻って彫金の技術を使って昔と同じ事してみたらどうでしょうね、なんて考えてシルバーで作ってみたらこの通りです。
なかなか上品じゃあないですか。

ちなみにタイトルの元ネタは有名すぎて恐縮ですけどもあの名曲です。
まあこの作品にはぴったりだなあと思って。

EDIT[2009/09/03 19:26] サクヒン作品:指環コメントする:0 
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。