スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  原作クラッシュ!「ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」     

ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち [DVD]ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち [DVD]
(2007/07/21)
不明

商品詳細を見る


「漫画が動く」「漫画が喋る」という「価値」について改めて考えさせる作品です。

一度テレビで放映したエピソードを改めて劇場版に直すという考え方自体は別に良いんだけども。見比べてないから解らないのだけど、そんなにクオリティーが上がってるのか解りません。

アラバスタ編が数あるエピソードの中でも良いとされるのはまあ理解できるとして、じゃあ劇場アニメにする価値はどれくらいあるのかしら?と考えると、答えは「無い」です。
これだったら原作の18巻から23巻まで揃えた方がいいんじゃないか。

カジノ付近の話、海軍絡みの話、ルフィvsクロコダイル2戦目、お風呂の話、Mr.2絡みの話など、
こんなにアレコレ省いてまでやることじゃあねーだろ!と憤慨した矢先に、ラストシーンでは何故か感動してしまうという、なんか怒るに怒れない苛立ちが心に生まれるや否やそれは背筋を通り抜けて音速を超え天を駆け抜けて、夜空の星となり、僕らの上へ降り注いだ。
関連記事

EDIT[2008/09/21 04:54] エイガコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。