スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  きょういのさつえいじかん 「ディープ・ブルー」    ☆☆☆☆ 

ディープ・ブルー -スタンダード・エディション-ディープ・ブルー -スタンダード・エディション-
(2006/06/23)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

深海に住む生き物達のコーナーにやたら感動した。
なんだか無駄に派手に光る謎のクラゲたち。
お前らパチンコ屋かよ!

非常にストイックなドキュメンタリー映画。
海洋生物の資料としては非常に役に立つのではないでしょうか。
涼しげで綺麗だし。

気になったのは、製作7年、撮影フィルム7000時間。

え?7000時間?そんなに何を撮ったの?

クジラが優雅に泳いでると思ったら、謎のおじさんダイバー乱入!「あれ?撮ってんの?」とか
綺麗な熱帯魚撮ってたら、ウツボが出てきて惨殺!とか
カメラの視界にコードがひらひら映っちゃってるよ、1カメさーん!とか
実はナレーションも実録で途中で台詞トチるとか
良い画が撮れたと思ったら大海溝にカメラ落っことすとか
別ロケで来てた「皇帝ペンギン」クルーに遭遇!とか
いったいどんなハプニングが起きたのでしょうか。
なぜにこの2時間を切り取ったのか。残りの6998時間が気になって仕方が無い。

そっちのが観たい。そっちのが。

関連記事

EDIT[2008/09/22 20:40] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。