スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  おひさしぶり!内田有紀 「クワイエットルームにようこそ」    ☆☆☆☆ 

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2008/03/19)
りょう内田有紀

商品詳細を見る

日本版「カッコーの巣の上で」。

随所にちりばめられた、演劇型の細かい笑いの数々が、じつはこう、精神科閉鎖病棟の「おもくるしい現実」の輪郭を際立たせているんだと思います。

あんまりいけ好かない奴だと思ってたけど、すこしクドカンおもしろいな、と初めて思った。

「恋の門」を観た人なら、ニヤッとする場面もあって、松尾スズキの微妙な懐の深さに感心した。

松尾スズキ監督、前作よりもメジャー感が増したような気がしますが、このままちょうどいい湯加減のところでずっと作品を作り続けて頂きたいな、と。

久々の邦画レビューでした。

関連記事

EDIT[2008/09/22 20:48] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。