スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  これぞロドリゲス映画の真骨頂 「プラネット・テラー」    殿堂入り 

プラネット・テラー プレミアム・エディションプラネット・テラー プレミアム・エディション
(2008/03/21)
ジェフ・フェイヒーステイシー・ファーガソン

商品詳細を見る

バイオハザードなんて目じゃないです

数あるゾンビ映画の中でも群を抜く。
これぞオンリーワン。オンリーというかロンリー。

ロバート・ロドリゲスが神に思えた。

笑うつもりで買ったけど、役者さんみんな真剣そのもので。
ほんとどうしようも無い所でタランティーノ出てくるし、あれれ、よく見たらあんたマイケル・ビーンじゃない?みたいなサプライズもあって、計算とは無縁なハイテンションムービーに、僕の休日はなす術も無く消えて行った。

はっきり言って「つまらないシーンが一切無い」という、奇跡のような作品です。
大人数の視聴にも対応。


1 ゾンビ ディレクターズカット版
2 プラネットテラー ↑
3 ショーンオブザデッド
4 ワイルドゼロ
5 サンゲリア
6 ゾンビコップ
7 キャプテンスーパーマーケット
8 死霊のえじき
9 東京ゾンビ
10ブレインデッド

残念ながら一位ではないですが、ゾンビ映画ヒットチャートで言うとこんな感じです。
「バタリアン」が入って無いじゃん!て思うかもしれませんが、あれに出てくる怪物は僕の中ではゾンビではなくて、バタリアンなんです。

そもそも「ゾンビ」かそうでないかの明快な境界線は不明。

残念だった事はアントニオバンデラスがいなかったこと。
ほっとした事は、結局行き着く先はメキシコだってこと。

メキシコ万歳!
タコス万歳!
コロナ万歳!

追記
☆を10あげてもいいくらいのオススメ度ですが、飛び散る血肉の量もハンパではないのでご注意下さい。

関連記事

EDIT[2008/09/23 16:22] エイガ殿堂入りコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。