スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  俺なら助けに行かない 「クローバーフィールド/HAKAISHA」    ☆☆☆☆ 

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディションクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/09/05)
不明

商品詳細を見る

久々の休日。周囲の酷評は把握しつつも、新宿マルイシティの映画館へ。

屋上でプール掃除中の新宿高校を見下ろしながら、劇場に入る。

上映ギリギリで入るともう映画の予告編。さあ始まるぞというところで尿意。

戻ってきたら上映開始。きっと待ってくれていたのかしら。


肝心の映画ですが、あれれ、意外とおもしろかった。
渾身のホームビデオだと思い込めば、なかなかどうしての緊迫感。

映画として考えたらネタ一発勝負の問題作な上に、ブレアウィッチの二番煎じ。
とはいえ、ブレアウィッチのような「全く相手が見えない」というストレスは無く、グダグダせずにあっという間に上映終了。
謎ばかり残してますが、まあ別にいいかという気持ち。


データの入ったカメラを配って観てもらうとか、はじめっからDVD媒体で発表するとか、やりかたはいろいろあったろーにとか思うけど、やっぱ劇場でやらなきゃ!みたいな制作側の葛藤も感じてしまうわけです。

なんの予備知識も無く、劇場でもなく、いきなりこんなビデオが道ばたに落ちてて、なんの気なしに観たらビックリするってきっと。
こういうのは受け身で見たら駄目なんです。

英語がわからない日本人にとっては、そもそも字幕というフィルタがかかってしまうので、余計に見る側は臨場感の外へ追いやられてしまうでしょう?

どうしても本物じゃあなくて「映画を観た」気持ちになってしまう。

ここが切ないところです。
そんなに損した気はしなかった。


帰りにタワレコに寄って、Perfumeのニューアルバムに後ろ髪をひかれつつ、「デス・プルーフ」のサントラを購入。

て、これ日記じゃん


追記
最近DVDを買ってで観ましたが、小さいメディアで観る方が案の定リアルに見えました。
その分迫力は無くなっていましたが。
難しい所ですね。

関連記事

EDIT[2008/09/23 16:30] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。