スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  まだまだ追いかけっこ 「ボーン・スプレマシー」    ☆☆☆ 

ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー
(2005/12/23)
マット・デイモンフランカ・ポテンテ

商品詳細を見る

ボーンシリーズその2。

失った記憶の陰にCIAの恐ろしげな計画がチラチラ、チラチラ、それはもうエゾシカのように見え隠れ。

ダグ・リーマン監督からうってかわって名乗りを上げたポール監督のヒステリックなアクションがとても心地よいと思ったのもつかの間、その演出は秒を追うごとに目まぐるしくなり、ラストのカーチェイスの頃には肉眼では追いきれなくなるというハプニングが起きましたが、無事に2も終了。

ボーンの本名が判明した所で、なんの驚きも無かったが、
当然物語の真相は解るわけも無く、そのまま3作目にもつれ込むのだった。

頑張れ!ボーン!

関連記事

EDIT[2008/09/23 16:32] エイガ☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。