スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  どんだけ可愛いんだ「チェブラーシカ」    殿堂入り 

チェブラーシカチェブラーシカ
(2002/03/21)
エドゥアルド・ウスペンスキーロマン・カチャーノフ

商品詳細を見る
ロシアの暗黒時代にこんな愛くるしい映画があったなんて、とか思って見てみると
暖かいヒューマニズムの陰に、重苦しい時代背景が重なって、共産主義のプロパガンダ映画のようにも思える
が、深読みせず、気取らず見るのが映画の正しい見方。
なんだか困った顔のチェブラーシカがかわいすぎる。
かなり昔に渋谷のユーロスペースで見た映画。DVDは即買い。

ウラーとか
ニェットとか
ダーとか

ロシア語を覚えたくなるパペットアニメ。
関連記事

EDIT[2008/09/18 00:54] エイガ殿堂入りコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。