スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  電車が怖い「それでもボクはやってない」     

それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る
この映画の結末はあちこちで語り草なので、まあ覚悟は出来てたんですけど、それでもドンヨリしてしまいますね。
ここまでとは思わなかった。

小日向さんに腹を立ててしまうくらい、極限までリアルな(少なくともそう感じさせる)演出は見事。
もたいまさこがお母さんで鈴木蘭々が元カノという設定だけが映画らしいっちゃ映画らしい。

何でもハッピーエンドの方が良い、とは申しません。この映画に不満が有るわけでもない。一つのドラマとしては文句無しの満点と言いたい所ですが、自分が信ずる「これぞ映画」とは真逆の位置。これを「良い映画」とはどうしても言いたくない。


判決



☆1で。

関連記事

EDIT[2008/09/24 02:23] エイガコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。