スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  上司に一喝!が気持ちいい 「ウォンテッド」    ☆☆☆☆ 

ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]
(2009/02/25)
ジェームズ・マカヴォイアンジェリーナ・ジョリー

商品詳細を見る


新宿バルト9で先行上映。

この監督、ネズミが嫌いなんでしょうか、おそらく映画史上最多数のネズミが虐殺されます。
レミーのおいしいレストラン」とか観たら腰抜かしそうです。

で、斬新な映像!
なのかな、カッチョイーけど、まあ想像力の範疇で。
そのほとんどが予告編で垣間見える。
こんなアクション想像もしてなかったよう!とビックリする映像に出会いたい。

でも意外な展開があったので、まあ話も楽しめました。

と、辛めの前フリは置いといて、結局こういう映画は流れに身をまかせて楽しむべきでしょう?人の評価なんて気にしないで観たらいいんですよ


終盤の「マカヴォイ君ご乱心」の暴れっぷりはいやがおうにも盛り上がる。抜群のカタルシス。
少なくとも「マトリックス レボリューションズ」よりは良かった。


心に染み渡らなくたって、何かの教訓にならなくったって良いじゃないか映画だもの。

一人のヘタレ男がどんどん強くなっていく姿は、なんたって観てて気持ちがよい。

「ダイの大冒険」のポップ や
「ゴーストスイーパー美神」の横島くん が
大好きな人はとても楽しめる映画です。

なので、とても楽しんできました。

と、いつもだったら☆をポンと5あげちゃうんですが、いまだに「ミスト」を引きずっています。

喪中みたいな気持ちです。

関連記事

EDIT[2008/09/24 02:27] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。