スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  amazonが無かった時代 「ジングル・オール・ザ・ウェイ」    ☆☆☆☆☆ 

ジングル・オール・ザ・ウェイ

206.jpg

シュワちゃんが自分の子供の為におもちゃを買わなくちゃいけなくって、でもお目当てのターボマン人形は売り切れ御免!てな状況で、シュワちゃんはそれはもう必死の形相で、あの手この手で人形を手に入れようとするのだった。

と、なんだかファミリー向けのなんてことない映画のようですが、いや、なんてことないんですが、ただ一つの目的の為に各地を渡り歩くシュワちゃんの姿は本当に観てて同情したくなるくらい健気で、いじらしくて、なぜかときめく。

しかも最後は泣く。

な ぜ ?


クリスマスシーズンになると必ずと言っていい程、土曜洋画劇場などでオンエアーされていて、その度に観てしまうなぁ。

なので、この映画だけはシュワちゃんの生声よりも吹き替えの玄田さんの印象の方が強い。

いやぁ数あるシュワムービーの中でも高ランクの映画だな。

「ターミネーター2」「ターミネーター」の次くらいかな、でも「トゥルーライズ」も好きだな、いや「トータルリコール」もいいよな、「コマンドー」「プレデター」もたまらないよね。「え!?シュワちゃんが妊娠!?」のやつもあったな。

と挙げたらきりがない程

名作がなんでもアリフォルニア~

シュワちゃん好きだ。

関連記事

EDIT[2008/10/03 00:50] エイガ☆☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。