スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  自分勝手博覧会 「ジュラシック・パーク」    ☆☆☆ 

ジュラシック・パークジュラシック・パーク
(2006/04/19)
リチャード・アッテンボローサム・ニール

商品詳細を見る


BOOK OFFで750円で売っていたので、久々に観ました。

当時は中学生くらいだったので、細かい事は考えず、この映画のおいしいところを随まで楽しんだ記憶しか無いのですが、大人になって観てみると、すごい映画だなと思いました。

邦題は「ザ・自分勝手博覧会」で決まりです。

一連のアクシデントのほとんどが、彼らの自分勝手で軽率な行動が原因となっています。

車から飛び出すわ、ライト付けちゃうわ、恐竜観たとたん叫ぶわ、ドアも閉めずに逃げ出すわ、暴風雨が迫ってるのにツアー開始しちゃうわ、もう挙げたらキリがないですよ

これだけ専門家が揃っているのに、機転の利いた事一つもせず、誰も聞く耳持たないのに、何かあるたびに、明日使える無駄知識みたいな発言をポロリ。

一見するといわゆるモンスターパニック映画なんでしょうが、とてもじゃないけど一番のパニック源は人間達だという事実。

観ててイライラする位、大人も子供も直情的で、「相談」のひとつもない行動の数々に開いた口が塞がらない、久々に困った映画でした。

ハプニングのほとんどを運だけで切り抜けるこの映画は「宇宙戦争」にも勝るとも劣らない、スピルバーグ一世一代の超駄作だと、初めて思い知らされました。


ただ、断言しますけど、こんな風に斜めから見下ろさなければ、素晴らしい映画です。
「アビス」「ターミネーター2」「ジュラシックパーク」「マトリックス」「インビジブル」と、
映画VFX革命の一端を間違いなく担っている、記念碑的作品である事には変わりはないわけです。

嫌いでもなければ、けなしたいわけでもない。
「今」観るとすごく腹が立つだけです。

この映画を駄作にしたのは、他でもないたった十数年後の自分。

観客が数々の名画を作り、観客が数々の駄作を作る。

そういう意味ではすごくニュートラルな映画ですね、
悪意は全く感じない。
関連記事

EDIT[2008/10/16 01:15] エイガ☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。