スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  洞窟に潜む山海塾 「ディセント」    ☆☆☆☆ 

THE DESCENTTHE DESCENT
(2006/11/29)
シャウナ・マクドナルドナタリー・メンドーサ

商品詳細を見る

アニメ「オーバーマン キングゲイナー」
にハマってしまい、しばらく映画を観てませんでした。

で今日の明け方に観たのがこれ。

なんか仲良し女6人で洞窟探検に出かけたら、
なんか出られなくなって、
なんか人間関係危うくなってきて、
なんか何者かが襲って来て、
なんかてんやわんやな映画です

イギリス映画好きなんですよ。
何を撮るにも描写が丁寧で。

監督はニール・マーシャル。
「ドッグソルジャー」の人ですね、ノーチェックでした。
新人監督にあるまじき骨太な演出で、緊迫感を煽る、煽る。

内容は割とオーソドックスな感じですが、怖いのキライ!って人はもうのたうち回るような恐怖でしょう。
ホラーも慣れてくると、つい笑ってしまうようなシーンていくつもあるんですけど、今回はそれが無かった。
登場人物の空気を読まない暴走ぶりに腹を立てたほどで。
上映時間をそういう空気で満たすというのは中々難しい事なのではないのでしょうか。

なんとも引きの弱い冒頭から一転、あれよあれよと絶望の泥沼に引きずり込まれる感覚は久々。
これも流行りの「シチュエーション・スリラー」なんでしょうが、そういうジャンルでひとくくりにしてしまうのはとてももったいない作品。

表面的に用意されたラストよりも実はもっと怖い真実を想像させられる描写がいくつかあります。
そこに気付くかどうかはホント自分次第な感じですが、そういう深読みも含めて、非常に奥行きのある映画でした。

こういう監督、ハリウッドに招かれて2作目くらいで角が取れて丸くなったりするのが常なので、そこが心配です。
冷めないうちにどうぞ。


関連作品に、
「水曜スペシャル 藤岡弘、探検シリーズ第3弾 南米ギアナ高地 切り裂かれた大地の闇に謎の地底人クルピラは実在した!!」
がありますが、こちらは爆笑必至です。

こちらも是非ご鑑賞を。
関連記事

EDIT[2008/11/07 00:50] エイガ☆☆☆☆コメントする:2 
後半、地獄の黙示録なシャウナ・マクドナルドに萌えました。イイネ!
[ 2008/11/16 00:49 ] [ 編集 ]
俺には"豚の血を浴びた"「キャリー」にしか見えなかったよ!

彼女のテンションの豹変ぶりは、ジョジョ4部の山岸由花子だね。
[ 2008/11/17 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。