スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~     ☆☆☆☆ 

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]
(2008/12/04)
サイモン・ペッグニック・フロスト

商品詳細を見る

なんだか最近は全然レビューを書いてませんでしたが、ちょっと筆が進まなかったというか、風邪を引いていたというか、とにかく、映画はちょくちょく観てたんですよ、という前置きで、はじめたいと思います

「ショーン・オブ・ザ・デッド」がなかなか痛快なコメディで、その時に観たこの映画の予告編が妙に心に残ってたんです

キャストやスタッフも「ショーン~」と同じ方々ということで、さっそく鑑賞。

凶悪犯相手に数々の武勇伝を持つエリート警察官が、ややあって平和な田舎町へ左遷されて…というあらすじ。

のんびりした田舎勤務の同僚達と自分の仕事に対する情熱の温度差に戸惑いながらも、その町に秘められた「ある陰謀」を暴いていく、というほんのりミステリー風味の脚本で、退屈せずに観れます。



さておき実によろしくない点がこの「俺たちスーパーポリスメン!」というサブタイトルで、なんでも「俺たち」をつけりゃあ良いてもんでもないでしょうに。

「俺たちフィギュアスケーター」「俺たちダンクシューター」「俺たちニュースキャスター」とかこの辺の映画と同列にするのはちょっと違うかなあ、と思ってしまう。

英国人の民族性なのかは解りませんが、この映画て妙に作り手の丁寧さが際立つ作品で、実はかなり品の良い作品だと思うんですよ。
丁寧に会話シーン、丁寧なアクションシーンに、丁寧なグロシーン。

こんな丁寧で実直なエンターテインメントなのに、なんて雑なタイトルをつけられたものだろう、と少し作り手に同情してしまいました。

本来ならもっと素敵な絵画なのに、品のない画廊でラッセンとかヒロヤマガタと同列で委託販売されているような感じ。 すごくもったいない。


渡米するのにわざわざトムとかメアリーとかに名前変えないでしょうに、
来日するのにわざわざ斗夢とか目亜利とか漢字にしないでしょうに。

売れる売れないがダイレクトに関わる訳ですから仕方ないのも解るんですけど、
親から貰った名前を粗末にするような映画流通の仕組みがちょっぴり嫌いです。


内容よりもタイトルの話になってしまいましたけど、すごく重要な問題だと思います。うん。

関連記事

EDIT[2009/01/31 23:53] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。