スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  ヒストリー・オブ・バイオレンス    ☆☆☆☆ 

ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]
(2006/09/08)
ヴィゴ・モーテンセンエド・ハリス

商品詳細を見る

さあじゃんじゃん書きますよ

昨日の感想文はホントに不甲斐ないものでしたが今日はどうでしょうか。

今回は個人的には久々のクローネンバーグ監督です。

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

所帯持ちトムが、自分の経営する喫茶店に押し入った強盗を華麗に撃退したらヒーロー扱いされて、新聞に顔が載ったんだけど、それが元ではるばるフィラデルフィアという所からマフィアがやってきて、トムの事をジョーイ呼ばわりします。

執拗につきまとうマフィア
「久しぶりだなジョーイ、俺の事覚えてるかいジョーイ、俺だよ俺、フィラデルフィアじゃあ泣く子も黙るリッチー一家の幹部エドハリスだよ、なぁジョーイだろお前、な、ジョーイ、今まで何してたんだ、急に出て行ったもんだからさ、心配してたんだぜ、おい聞いてんのかジョーイ、ヘイジョーイ!」

知らんぷりのトム
「え?誰だよアンタたち。ジョーイ?知らないね、俺はトム、しがない喫茶店のマスターのトムさ、な、そうだよな?お前らなんて知らないしコーヒー頼まないなら帰れよな、もう。ほぅーら帰った帰った」

トムを疑い始める妻
「トム?トムよね、あなた。ジョーイって誰よ?あたちの愛する旦那様はマフィアなんかじゃあないわよね、あたち達の事騙してなんかないわよね?そうだと言ってジョーイ、じゃなかったトム、ねぇ」

幸せだった家庭が次第にギクシャクしはじめる。

はたしてトムはジョーイなのか。
ジョーイはトムなのか。なんなのか。
ジョーイ or トム!?
ねぇ誰か教えて

と、作中にはこんな会話は一切ありませんが、こんな感じのお話です。


ある平和な家族がたどる絆の崩壊、あるいは再生の物語。

クローネンバーグ監督は相変わらずキレがありますね
絶妙なバイオレンス描写。

ヴィゴ・モーテンセンがかっこいい。
ウィリアム・ハートもかっこいい。

ラストシーンも非常に印象的で、なかなか素敵な映画だと思います。

ビデオ屋さんではアクション映画のコーナーに置いてあったりしますが、これは間違いなくヒューマンドラマです。

ちょっとオススメ。
関連記事

EDIT[2009/02/13 23:47] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。