スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  世界最速のインディアン    殿堂入り 

世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]
(2007/07/27)
アンソニー・ホプキンスクリス・ローファード

商品詳細を見る


まだ溜まってました。未評価作品。
(週に10本借りてたらそりゃ溜まる。)

「the fall 落下の王国」☆☆☆☆☆
「散歩する惑星」☆☆☆☆
「大脱走」☆☆☆
「トゥモローワールド」☆☆☆☆
「REC」☆☆☆☆


で今回は

「世界最速のインディアン」

タイトルだけ聞くとですね、ナニソレ?って感じだったんです。

すっげー脚の速いネイティブアメリカンがいて、一族を守る為に白人達と激しい徒競走を繰り広げる、みたいな話

だと思ってたんです。
実際はこういう話でした。

1920年型インディアン・スカウトの改造に余念が無いバイク野郎バート・マンロー(67歳 ニュージーランド在住)が死ぬまでに一度でいいからユタ州ボンネビル・ソルトフラッツへ渡米して世界最速記録に挑みたいな~、なんて思っている話。

実話が基になっている話ですが、これをロードムービー仕立てにしたのが大正解。

ド田舎のお爺ちゃんが年金を地道に積み立てたお金で見知らぬ土地に殴り込みをかけるんです。そりゃあいろいろハプニングがあるわけで、この道中のエピソードが非常に素晴らしい。なかなか目的地に着かないのに、イライラしない。

これは、虚実を実にすばらしいバランスで織り交ぜた結果だと思うんです。ノンフィクションに限りなく近いおとぎ話という印象でした。

「実話」から「映画」への落とし込み方がすごく上手い希有な作品ではないでしょうか。

バート・マンローを演じたアンソニー・ホプキンスが凄く良かった。

アンソニー・ホプキンス = ハンニバル・レクターみたいなイメージが付きまとう昨今の世の中ですが、そのイメージを見事に払拭してくれたように思います。

ベストホプキンス賞をあげたいです。

関連記事

EDIT[2009/02/16 00:24] エイガ殿堂入りコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。