スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  地球が静止する日     

地球が静止する日 (キアヌ・リーブス 主演) [DVD]地球が静止する日 (キアヌ・リーブス 主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

間を空けてしまいましたが、じつは2009年になってから2つ目に観た映画だったりします。

2009年最初の映画はご存知「デビルマン」だったわけで、新年早々ドンヨリした気分になったわけですが、次の日に観たこの映画のおかげで更にドンヨリしました。

古典SFのリメイクなわけですが、僕はオリジナル版を観た事がないので、特に比較などはせずに書きたいと思います。

「地球が静止する日」

ある日、宇宙からでかい球体が飛んで来て、中から宇宙人が出てきて、「今から地球滅びっから!」みたいな事を言って、地球人はそれはもうビックリして、宇宙人を追いかけ回す人や庇う人がいて、地球は静止するのか、しないのか、みたいな話です。

で感想ですが

アヌブスが宇宙人役っていうのはまあなんか解るというか、どの映画でも似たような冷血漢だし、これはまあ良いとして、あ、アヌブスというのはキアヌ・リーブスの事です。(僕が勝手にそう呼んでいるだけのニックネーム)

ジェニファー・コネリーもこういう映画には持ってこいのB級感たっぷりの演技で割と的確かなぁと思ったんですが、問題なのは

キャシー・ベイツ。

こいつが酷い。

「ミザリー」よろしく強烈な演技なんですが、なんか空気読んでないんですよ。
真剣に防衛庁の偉い人役なんかを演じてしまうもんだから、映画から完全に浮いちゃってます。
徹底した悪役ぶりが、「地球人=悪。だから滅ぶべき」という物語の根幹をすごく曖昧にしてる気がしました。
この人さえ居なければ丸く収まるんじゃないかという位、分からず屋で傲慢で、そのくせ使命感だけは人一倍。
(その点、同じイヤなおばさん役でも「ミスト」のマーシャ・ゲイ・ハーデンはすごくちょうど良い演技だった)

この映画でこの人のインパクトを活かせる役があるとすれば、間違いなくそれは「巨大ロボットのゴート」役だったと思います。


「デビルマン」を観た時、もっとちゃんとした役者使えよって思ったんですが、この映画の場合は、もうちょっと手を抜けよ、って思いました。
観客ってわがままですよね。


監督はスコット・デリクソン。
「エミリー・ローズ」は結構良かっただけに、非常に残念な結果です。

関連記事

EDIT[2009/02/16 00:25] エイガコメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。