スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  アーマードマン    採点不能 

溜まっていた未評価作品から消化しているところでしたが、あまりにも昨日ショックな出来事があったので先に書きます。

ironman.jpg

ちょっと前置きから。上の画像をご覧下さい。
左が本家「アイアンマン」。
右が本家に先駆けてリリースとなった「メタルマン」ですね。
これは良くあるパターンですよね。
作品タイトルのフォントや構成をそっくり流用して大作感を出す手法です。

最近加速度的にこの手の作品が増えている気がします。
ビデオショップに通われている方なら結構お目にかかる光景でしょう。

次はこちら。

バトル・ロワイアル外伝 [DVD]バトル・ロワイアル外伝 [DVD]
(2000/12/01)
ビートたけし

商品詳細を見る


これは少しやっかいなパターンです。
写真が小さいので解りづらいですが、「バトルロワイアル」の横に小さく外伝と書かれています。
DVDの内容は特典映像なんかで付いてくる「メイキング及び作品紹介」といった感じです。
ジャケット裏面をしっかり読めば騙される事もないんですが、ちょっと悪意を感じます。
スポーツ新聞の一面記事の見出しとかでもよく見かける光景です。

○○○○電撃結婚か?」みたいなやつです。

こういう借り手を惑わす類似作品って、作り手の意図から離れたところで行われている事がほとんどだと思うし、こういうのを見かけてちょっと笑ったりするのもビデオ屋での楽しみだったりするんですけど、昨日はちょっと違いました。



で、今回の作品なわけですが、こちら。

アーマードマン [DVD]アーマードマン [DVD]
(2009/01/23)
ロビン・ホフマン

商品詳細を見る


「装着するは、闇の力ー」このあたりがかろうじて「アイアンマン」を彷彿させるフレーズですけども、どうでしょう、このデザイン。なかなかカッコいいキャラクターじゃないですか。

なびく真っ赤マントと無骨な機械の右腕は「AKIRA」の鉄雄みたいで。
ボディからはみ出たコードなんかも、切られたらまずいんじゃないかとか思うんですが、見栄えを良くする為の無駄な装飾は「現代のアールヌーヴォー」といった雰囲気でなかなかいい味出してます。

さらにこの映画、いままで触れる機会があまり無かったスイスの映画。
このマンガ的なデザインセンスとスイスという国がいまいち結びつかなかったのですが、その違和感が妙に気になってしまって、思わず借りてしまいました。

あらすじはこんな感じ。
テロ組織とレジスタンスの闘争が繰り広げられる街。
職務中事件に巻き込まれ銃弾を受け、さらには全身に火傷を負ってしまった警察官ハリー。
搬送先で人体改造を施され、強靭なパワーを得る事となったが、その記憶は失われていた。

「俺は、一体誰なんだ?」

施設から脱走したハリーは、レジスタンスの女性と出会い、その闘争に巻き込まれていく。

序盤の流れ、「ロボコップ」にそっくりです。






ていうかね、「ロボコップ」にそっくりとかはもうどうでもいいんです。
そろそろお披露目の時間です。アーマードマンさんです。どうぞ。


アーマードマン [DVD]



「俺はいったい誰なんだ?」


…こっちが聞きたいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
とくべつコラム「これがアーマードマンだ!」

・記憶喪失
・筋力が強い
・痛覚が無い
・ステロイド剤の副作用で情緒不安定

主な攻撃方法:体当たりとパンチ
主な使用武器:敵から奪った普通の拳銃と地面に落ちてる鉄パイプ
外装の特徴:火傷隠し用。素材はゴム。防御効果は無し。タグ付き。
主な行動:情緒不安定の為、周囲に当たり散らす。急に泣き出す

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マントもコードも無し。
本編にジャケットの彼は一切登場しません
前述の「メタルマン」なんてまだ良い方だと思いました。
予告編を観たのですが、(奇しくも「アーマードマン」のDVD予告編集に収録)ちゃんとジャケットの赤い人が出てましたから。空も飛んでいたし、ミサイルも撃っていた。


話を戻しますが、物語終盤では敵の幹部も同様の改造(注射)を受けるため、戦闘力はフラットになります。アーマードマンさん大ピンチ。

注目のラストバトル。
薬の副作用により敵が死ぬというハプニングで、なにもせずに勝ってしまいます。
まさかの結末。



上映時間およそ90分。闘いの果てにアーマードマンさんが一言。

アーマードマン [DVD]



「俺達の戦いは始まったばかりだ!」

関連記事

EDIT[2009/02/16 14:49] エイガ採点不能コメントする:4 
メタルマン、アーマードマンに収録されてる予告編では空とんでますが、本編にそんなシーンありませんよww
[ 2009/03/28 00:35 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます

予告編まで嘘ついちゃう世の中ですか。
ショッキング。

とんでもない情報ありがとうございます。
てか、メタルマンもアーマードマンも観たって事ですよね

その勇気に感服致します。
[ 2009/03/28 00:41 ] [ 編集 ]
一応、空飛ぶシーンはありますが、本編ではなくスタッフロールのところでチッらとなんですよね。

メタルマンのDVDパッケージ裏に空を飛ぶシーンがのっていたので興味をそそられたのですが、本編が全然、空飛ぶとかいう雰囲気ではないので(基本的に車で移動してましたし)、視聴している間に「パッケージ裏の空を飛ぶシーン」にそそられたってことをすっかりわすれていたんですね。
それで本編が終了してスタッフロールが始まったあたりで、急にとってつけたように空を飛びだしたので爆笑しました!
あぁそういえばそうだったなって感じで
おそらくプロモ用かなんかなんでしょうが・・・ええ!!もちろん本編とは全く関係ありませんよ!!!!

ちなみに戦闘シーンはアーマードマンのほうがよくできてます。
[ 2009/03/30 20:33 ] [ 編集 ]

車移動!
やばい観たくなって来た…
飛ぶシーン、おそらくプロモ用って、撮ったんなら使えよって感じですね

戦闘シーンはアーマードマンのほうがよくできてるのですか、そうですか。うおお…

今日、DVD返しに行く日なので、ちょっと借りてきます!

情報ありがとうございます。またおこしください。
そのうち「メタルマン」レビュー、書くと思いますので。

[ 2009/03/31 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。