スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  いのちの食べかた    ☆☆☆☆☆ 

いのちの食べかた [DVD]いのちの食べかた [DVD]
(2008/11/29)
不明

商品詳細を見る


はい、「いのちの食べかた」です。

食の現実を切り取ったドキュメンタリーです。
予想外でしたが、台詞、説明が一切無し。
唯一無機質な作業音が、映像を際立てます。

何が素晴らしいって、全編にわたって登場する今まで見た事もない業界の技術力。

「超高速ヒヨコ運搬コンベアー」
「前足を開きつつ豚の腹かっさばきマシーン」
「大量収穫用移動式ビニールテント」
「回転式イモ堀りカー」
「樹木用超振動カー」
「超高速ニワトリ分別コンベアー」
「牛用回転ドラムwith牛殺銃」

などなど、食品産業の方は、みすず学苑も真っ青の怒濤の英語力、じゃなかった技術力で、僕たちに安価な食事を提供してくれているのが良くわかりました。

そりゃあ西友で鳥の胸肉100g47円とかになるわ。


実際問題タイトルの「いのちの食べかた」という邦題が不適切かな、と思います。決して命の大切さを謳った作品ではないと思います。

ただただ残酷。
豚だ牛だのの内蔵がプリプリ飛び出してるとかがじゃあなくて。

機械は勿論、そこで働く人も、家畜も。「いのち」なんて何処にも無かった。すべてオートメーション化されたシステムの一部。
こういう決して人目に触れないはずの残酷な側面を当たり前の事だと認めなくてはいけないのが「残酷」だということです。

さて

今日の献立は「舞茸と鶏肉とネギのかき揚げ丼」です。
鶏肉は細かく切っておかないと火が通りにくいので注意です。

今も世界のどこかで汚れ役をやっている食肉工場の人たちに感謝して、

いただきます。


関連記事

EDIT[2009/03/23 22:33] エイガ☆☆☆☆☆コメントする:2 
こんばんわです。
いやぁ、感謝しますね。
でも、映像が微動だにしないんで、なかなかきついですね。
セリフはいいんですが、BGMもなし、というのは観ていてびっくりでした。

っていうか、西友安いですね。
[ 2009/04/02 21:11 ] [ 編集 ]
こんばんわ!

カメラワークも完全に固定でしたからね、すごいインパクトでした。
妙な圧迫感。

それにしても西友は安い。
ちなみにマミーマートでは100g48円でした。

安いので大量に買いだめしたため、ここ最近は胸肉ばっかりです。
炒めたり煮込んだり。
[ 2009/04/02 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。