スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  ほえる犬は噛まない    ☆☆☆☆ 

ほえる犬は噛まないほえる犬は噛まない
(2004/05/02)
ペ・ドゥナイ・ソンジェ

商品詳細を見る


「グエムル」のポン・ジュノ監督、ペ・ドゥナ主演、
「ほえる犬は噛まない」です。


マンションで飼われてる犬が居なくなったから探す

というだけの話。

そもそもペ・ドゥナ目当てで借りた映画。

だったんだけど、とても面白かった。



ハンコが無いとマンションにポスターは貼れない、なんて小さなルールは守らせる子が、車のサイドミラーを盗んでいたり。

マンションで犬は飼っちゃいけないんだ、なんて小言を言うわりに、大学教授に賄賂を贈ろうとしていたり。

ペ・ドゥナがあれこれ人助けをする動機にしたって、すごく個人的で不純なもので。

登場人物に一人として清廉潔白な人間はいなくて、むしろそれ位が当然だよね、と言わんばかりの話作り。


人間誰でも大なり小なり悪い事してるって事、そういう罪深さを悲観的に描くんじゃなくて、人間らしい営みとして微笑ましく描くなんて、なかなか粋な事をやる監督だなぁ、と。


法律的に有罪かどうか、そういうのを越えたところで各々が持っている「罪の線引き」みたいなものが、上記の通り「マンションで飼われてる犬が居なくなったから探す」だけの物語にすごく上手に作用していて、とても感心。


こういう人間臭い芝居を撮るのがポン・ジュノ監督の持ち味だとすれば、「グエムル」のあの作りもすごく納得。



ところで劇中犬がなんで居なくなるのか、という事に関しては特に重要な謎という訳ではないので書いときますが、


犬をあしらったジャケットもポップだし、劇中でもかわいいワンちゃん達がたびたび登場するので、ワンワン好きは必見!かと思いきや、

ペロリと食べられたり、屋上から放り投げられたりするので、むしろワンワン好きには、ちょっとした地雷だったりします。


さて、毎回恒例になってきましたが


ペ・ドゥナちゃん、かわいかったなぁ~



「今日の類似商品」


六法全書 平成21年版
 正義はこの中にある、とのことです。
オバケのQ太郎ワンワンパニック
 Qちゃんにでてくる犬は吠える上に噛みます。

関連記事

EDIT[2009/04/29 02:30] エイガ☆☆☆☆コメントする:0 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。