スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  ザ☆不思議少女    回文:会話 

「そうよ、野菊とあなた、棚、あと釘の要素」

そうよのぎくとあなたたなあとくぎのようそ


anata.jpg

関連記事

EDIT[2009/06/19 03:40] カイブン回文:会話コメントする:3 
いつも思うんですが、
こういった回文はふと思いつくんですか?
なんだか、すごいなぁと思ったので質問ぶつけてみました(笑)
[ 2009/06/21 23:42 ] [ 編集 ]
あの、私も思っていたんです。

「回文」考えている時は、口、半開き、

というのは以前のご回答で判明いたしましたが、

こ、これらを思いつくのはいかにして、、、???
[ 2009/06/22 11:01 ] [ 編集 ]
AKIRAさん、
gattoさん

どうもご質問ありがとうございます。

じつは以前似たようなご質問があったのですが、
基本的には、ふっと出てくる程、神がかったものでもないんです

電車の中吊り広告とかをぼけ~っと(口半開きで)観てですね、いろんな言葉の羅列を頭に入れるんです。

で、全部逆さから読んでみます。
まずは、それがきっかけです。

この回文だと、たしか「あなた」です

逆さから読むと「たなあ」です。「棚、あ」になりました。

「あ」が余ったので、「あ」が付く言葉を探すんです。

あじ、あいす、あいつ、あぶら…

例えば「あぶら」にします。

   あ なた たな あ
           あ+ぶら

らぶ+あ なた たな あ+ぶら



らぶ あなた たな あぶら。
LOVE。あなた、棚、油。

といった具合に

「あなた」と「棚」と「油」を同じ位愛してる人の率直な告白文が出来ました。


こんな風にですね、

すでにカニです    とか
開催地、小さいか   とか

付け足し、付け足しで「逆さにしても同じ並び」にするのは思いのほか簡単なんですが、なんか変な文章じゃないと気が済まないのが僕の小さなこだわりです。

長けりゃ良いってもんでもないので、意味が通って、なおかつ、素敵な文章になるのは稀です。
そういう意味では、言葉が降ってくるような、回文の神様がご降臨されるような時もあります。


いままで回文の神様が降りて来た例としては、

イカ炒め大会
いかいためたいかい

今しかない田舎姉妹
いましかないいなかしまい

とかですかね、そういう気持ちのよい瞬間はあります。


回文楽しいですよ~

[ 2009/06/24 03:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。