スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  リトル・ミス・サンシャイン     殿堂入り 

今日は3本目。

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
(2008/11/07)
アビゲイル・ブレスリングレッグ・キニア

商品詳細を見る


「リトル・ミス・サンシャイン」です。

殆ど予備知識無しで観たんです。自ら選んだ訳でもなく。

予備知識といえばたったひとつ。

小さい女の子がオーディションを受けに行く話。ふ~ん。

なんか色々な想像が頭を駆け巡ります。

で、みんなで観始めたんですけど。


話が違うじゃあーん。


なんかこう、いじらしくてカワイイ子が、レッスンにレッスンを重ねて、先輩子役の嫌がらせにもめげずに、見事「今回のリトルミスサンシャインは君だ!」みたいな話じゃないんですか。

どうやら僕の妄想ストーリーは最初の分岐点から間違っていたようで、眼前で繰り広げられる光景は、確かに「小さい女の子がオーディションを受けに行く話」なんですが、これぞまさに珍道中。

珍道中というか、真・珍道中です。


負け組勝ち組にこだわる オトン
オトンと喧嘩ばっかりのヘビースモーカー オカン
変態ヘロイン中毒者 ジイチャン
ゲイ学者 オジサン
ニーチェ大好き沈黙男子 アニキ
小太り眼鏡 イモウト ←主役

てんでバラバラの5人家族が、突入せよ!オーディション会場
みたいな感じで家を飛び出したは良いけど

いや、こっから先は言えません。

その日は夕方過ぎから呑んでいて映画鑑賞会のスタートは午前1時を回っていたはずなのに。

眠気どころか酔いまで吹っ飛んだ。

中盤から加速度的に笑いが止まらなくなる、破壊力抜群の映画。
知らなくてすいませんでした。

アカデミー脚本賞受賞作だそうです。

納得。


それにしても壊れたクラクション

映画史上最高の効果音じゃなかろうか。

なんだあれ、

プワァ~、プベベベベビビ、~フィ~、プニニニビビ、プ~~~ワ~~、ペプゥイイ~、ビブ、ペピニニヌィ~…


ダメだ、活字じゃ無理だ。

本編でおおいに笑って下さい。


「今日の類似商品」


ユア・マイ・サンシャイン [DVD]
 いや、別にタイトルが似てるなと思っただけです。
クラクションは情事の合図 (1983年)
 けしからんタイトルだ。

関連記事

EDIT[2009/07/10 02:59] エイガ殿堂入りコメントする:6 
そんなに笑えるんですね。

「中盤から加速度的に笑いが止まらなくなる、破壊力抜群の映画 」
↑このフレーズだけで絶対観たくなります。


この映画のスタッフが総勢で作った「サンシャイン・クリーニング」も
面白いらしいですね。

事件現場の清掃業を姉妹でやる、、、

って話らしいけど、、、。きっと笑えるんだろうな。
笑ってじんわり?みたいな。
[ 2009/07/10 15:36 ] [ 編集 ]
武蔵野さん、こんにちはです。
いやぁ・・・、よかったですねこれ。なかなか興行収入も存外すごくて。
っていうか、いやな先輩が~っていう設定を想像されてたら呆気ないかもしれないですが、面白いからいいですよね。

あのトラクションや、ハイウェイの構図など、斬新な切り口が素晴らしいいい映画でしたね。アカデミーも納得です^^
[ 2009/07/13 13:51 ] [ 編集 ]
ほんとお返事遅れてばかりで申し訳ないです。

gattoさん

そう、サンシャインクリーニング!
とても気になってるんですよ。
監督は違うようなのでどこまでおもしろいかは未知数ですが。。

じつは映画館どころかDVDもお預けくっております。
はやいとこ一段落したい!

茶栗鼠さん

切り口斬新ですな、まったく。
まさかああいう展開が待ってるとは。

じいちゃんがあんな事になってからの異常事態は
映画らしい荒唐無稽さで、素晴らしかった!
こういう予想外の展開なら大歓迎って感じです。

[ 2009/07/16 05:47 ] [ 編集 ]
良い作品ですよね!
私もこの作品大好きです!!
アカデミー賞で存在を知ったのですが、
一体どんな映画なのか
全くつかめなかったのですが(^^;)

あの、笑えるのに、
涙がこみ上げてくる不思議な感覚…!
とっても素敵な映画でしたvv
[ 2009/07/20 03:18 ] [ 編集 ]
友人と「サンシャイン・クリーニング」を
観にいく事になったので
速攻「リトル・ミス・サンシャイン」観て、
行って参りました。

この映画2つともお気に入りになりました。

「リトル・ミス・サンシャイン」は
登場人物のキャラクター最高ですね。

「リトル・ミス・サンシャイン」の方が、
ある意味大きな視点で作られているので
総合点が高い気がします。

「サンシャイン・クリーニング」はかなり
女性視点で作られた映画だったように思います。
なので、私も女友達も、とても気に入りましたが
男性視点だとどうなのかな、、、。

とりあえず、ご報告でした~。
[ 2009/07/21 15:22 ] [ 編集 ]
なるはさん

笑えるのにジンと来るのはたしかに不思議!

観終わった後の幸福感は、笑いのせいだけじゃないというか。
普通の家族にはない奇妙な一体感が素敵でした!

gattoさん

わざわざご報告ありがとうございます!

サンシャインクリーニング、まだ観てないんですが、観に行った友人の話によると、ミスリトル~の後だと、、ウーン。。

との事でした。

期待し過ぎも良くないのかしら。
でも良かったんですよね?

暇を見つけて行きたいなぁ
行けるかなぁ。
[ 2009/07/21 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。