スポンサーサイト    スポンサー広告 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-) 

  ONCE ダブリンの街角で    殿堂入り 

はい、皆さんこーんばーんわー!
赤川です

部屋が片付かねえ、って言い訳でブログをまったく更新してなかったわけですが
言い訳ついでにご覧いただきましょうか
引っ越し前の我が家を。

あっ今日も酔っぱらってます

Image662.jpg

荒れに荒れたオイラの工房 通称「魔窟

はい、掴みはOKでしょうか。

Image666.jpg

どうですか、珠玉のVHSコレクション。

ビデオデッキ?もちろんありません

Image663.jpg

押し入れでマンガの崩落事故が起きた模様です

Image660.jpg

「数年溜め込んだ少年ジャンプを一気に捨てると塀ができるんだって!」

ヘぇ~


って具合でですね、ブログ更新出来ないのもうなづけると思います。

実際呑まなきゃ片付けてらんねいよ

って感じですけども、

呑んだら片付けられないのも事実。

なにこのジレンマ。


んじゃあ本題に入りますよ

今日はこちら。

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
(2008/05/23)
グレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァ

商品詳細を見る


鈴木君のイチオシ映画「ONCE ダブリンの街角で」です。

ここ最近の中ではピカイチでした。

音楽を通じて関係を深めていく男女。

ドキュメンタリー風に描かれる独特な映画のタッチは
リチャード・リンクレイターの「ビフォア・サンセット」を彷彿とさせます。

近づきそうで近づかない、っていうか
触れそうで触れない、っていうか

うーんとプラトニック?

なんかうまく説明できない。
酔ってるので

なんだかジワジワくる映画です。
たまら~ん!

以前音楽映画で「奇跡のシンフォニー」を取り上げましたが、レベルが違う。
あっちはあっちで結構好きだったんですが。
これにはかないませんなぁ、と。

そもそも主演のグレン・ハンサードはプロのミュージシャンとのことで、とにかく音楽がすばらしい。
アカデミー楽曲賞受賞も納得の仕上がり。

山場が結構序盤にあるので、映画的な流れからするとどうなんでしょう、という気もしますけど、そこがまたリアルというか。

普段見る映画がドンパチグチャグロばっかりなので
たまーにこういう映画見るとずいぶん入れ込んでしまうんです。

「リアリズムの宿」「ベオウルフ」「リトルミスサンシャイン」「ONCE」…
と、鈴木君がオススメしてくれる映画はハズレがなくて素晴らしいです。

すごいよ鈴木君


関連記事

EDIT[2009/11/05 03:04] エイガ殿堂入りコメントする:2 
片付けがんばってi-239
思わず(笑)
[ 2009/11/24 02:18 ] [ 編集 ]
どうも応援ありがとうございます。

とってもとってもとってもお返事遅れました。

無事片付けは終わりました。

こんなに汚す事のないよう
気をつけたいと思います。


がんばります!
[ 2009/12/09 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ひとりごと
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。